トップページ > ネットオークション用写真の撮り方
ネットオークション用写真の撮り方

eBayに代表されるインターネットオークションで、バイヤーが購入を決める決定打になるのは、やはり「商品写真」です。

特にeBayは、世界規模の市場ですからマーケット・プレイス内で使用される言語は全て英語です。
日本語圏に住む人間としてはコミュニケーションの撮り方が悩ましいところです。
「百聞は一見にしかず」
重要になってくるのが商品写真なのです。
写真の善し悪しで、落札価格とバイヤー評価は大きく変わります。

商品写真のポイントは、「実物がそこにあるかのように見せる」ことです。
きれいに見せつつ、傷や汚れなどの情報もきちんと伝える写真であることが重要です。
ポイントさえ押さえれば、コンパクトデジカメで十分です。高いカメラを準備する必要はありません。

・「撮影は引き算」といわれています。
商品を中心に、よけいな物は写さない
・明るく移しましょう。立体感を出すよりも情報を伝えることが大切です、商品全体に証明が回るようにライティングします。
・ピントは全体にあわせる。
雑誌の広告のように、商品の一部にピントをあわせたようなイメージ写真ではいけません。
商品になるべく近づいて、全体にピントをあわせるようにします。
・いろいろな角度から撮る
できるだけ様々な角度から撮ります。強調したいポイントをアップで撮るのも効果的です。
・背景を使いましょう
商品のにあわせた背景を準備しましょう。
100円ショップで手に入る布でかまいません。
何色か用意しておくといいでしょう。
・三脚を使いましょう
三脚は必需品です。
eBayなどネットオークションのセラーを本格的に始めるのであれば、廉価な簡易スタジオの購入を検討しても良いと思います。

Copyright © 2009 えんじょイーベイ!日本人のeBayの楽しみ方 . All rights reserved